お気軽にお問い合わせください

無料相談・入塾相談

高校英語の勉強方法と参考書

勉強

高校英語の勉強方法と参考書

こんにちは岸田塾新長田教室の岸田です。

今日は高校生の英語の勉強の仕方をまとめていきます。

単語

英語はまず英単語から勉強し始めましょう。

大学受験では中学で覚えたもの+2000単語以上は必要になっています。

私が推奨している単語帳はターゲットシリーズです。

高校1年生や高校基礎レベルの英単語を覚えることができていない人は「ターゲット1200」から始めましょう。

ターゲット1200という名前ですが実際にはイディオムを含めて見出し語が1700語あります。

難しいものは掲載されておらず、どの大学を受験するにも必須の単語ばかりです。

自分がどの程度単語を覚えているのか分からない人は本屋でターゲット1200の後半のページをみてどの程度理解しているのかを確認しましょう。

ほとんど覚えている単語であるならばターゲット1200からやる必要はありません。

高校基礎レベルの単語を覚えることができたら次は「ターゲット1900」を進めてください。

最初のほうはターゲット1200とかぶっている単語が多いですが途中から知らない単語が増えてくると思います。

志望校が国公立大や関関同立ならばターゲットに載っている単語はすべて覚えましょう

中堅私大レベルなら1500語まででも大丈夫ですが、できることならすべて覚えてください。

単語を覚えるときの注意点

きちんとした発音で覚える

共通テストではリスニングがあります。

1番のリスニング対策は発音をしっかりすることです。

発音できない単語は聞き取ることができません

たまにローマ字読みをしたり、独自の覚え方をしたりする人がいますがやめましょう。

きちんと発音ができたほうが単語を覚えやすくまた、ほかの単語も自然と発音できるようになっていきます。

1単語に時間をかけすぎない

単語を覚えるコツとして1単語にかける時間は1秒にしましょう。

単語で重要なのは見た時間ではなく見た回数です。

同じ範囲を何周もするようにしましょう。

文法

単語の勉強と同時に文法を進めていきましょう。

文法基礎

まずは高校基礎レベルの文法事項を習得していってください。

学校のテストである程度点数が取れている人は文法の基礎ができていると思います。

学校の文法からわからない人は「大岩のいちばんはじめの英文法」などの基礎教材から進めてみましょう。

文法標準

最低限の文法事項を覚えたら次はアウトプットをしていきましょう。私のおすすめは「Next Stage」です。問題が網羅されているのでこれを1冊完璧にすれば文法問題で間違うことが激減します。

解説が少し薄いと思う人は「Vintage」をお勧めします。

私は参考書で見やすさを1番重視するので文字量が多すぎない「Next Stage」を使っていました。

独学なら「Vintage」のほうがいいかもしれませんね。

このとき最初に覚えるのは「文法」と「語法」です。

網羅系の参考書ではどちらも最初に掲載されており、合計で約700問くらいです。

これを8割は取れるようにしてください。

文法で重要なことはなぜその答えになるのかを人に説明できるくらい理解しておくことです。

最終的には単元を聞いただけで重要なことを言えるようになっておきましょう。

それらがすべて終わったら「英文法ファイナル問題集標準編」で忘れないように復習を少しずつ進めるといいです。

英文解釈

英文解釈は学校ではあまり詳しく習わないことが多いです。

そもそも英文解釈ってなに?という人もいるのではないでしょうか。

英文解釈とは抽象的に言えば英文に書いていることを正しく理解することなのですが、具体的に言うとSVOCMや「名詞・形容詞・副詞」句・節をきちんと理解できているかです。

これができていない人が非常に多いです。

しかし英文解釈がしっかりできていないと長く複雑な文章が理解できません。

ここをおろそかにせずきっちり勉強していきましょう

英文解釈でおすすめの教材は「肘井学の読解のための英文法」です。

英文法と書いていますが英文解釈に最適です。

ほかの英文解釈の問題集は難しい単語を使っていたり、1つの単元で3行くらいの英文を読む必要があったりします。

しかしこの参考書は高校1年生レベルまでの英単語で構成されており、1行ほどで書かれています。

この1冊をやりこめばSVOCMで困ることはかなり少なくなります。

「肘井学の読解のための英文法」が終われば読解に進んでSVOCMをふる練習をしてください。

地方国公立や中堅私大を受ける人はさらに「入門英文解釈の技術70」を進めてください。

難関国公立や関関同立を受ける人は「基礎英文解釈の技術100」までやることをお勧めします。

「ポレポレ」が有名ですが同志社レベルまでの英文ならオーバーワークです。

早慶や最難関国公立を受ける人はやっておきましょう

読解

英文解釈が終わったら次は読解です。

読解でまずやることは高校入試レベルの英文でSVOCMや句と節をすべて理解できるように精読をしていってください。

精読は今後やるすべての英文で行ってください。

お勧めの参考書ルートは2種類あります

  1. 「英語長文ハイパートレーニングレベル1」
  2. 「英語長文ハイパートレーニングレベル2」
  3. 「関正生の英語長文ポラリス1」
  4. 「関正生の英語長文ポラリス2」

もしくは

  • 英語長文レベル別問題集」を1から順番にやっていく

私が英語長文の参考書を選ぶときに重視していることは英文解釈を載せていると音声がついていることです。

読解をやるうえで精読と音読は欠かせないです。

一度やった文章は精読を完璧にできるようにして、スラスラ音読・和訳ができるようになるまで何度も繰り返し練習してください。

英作文

英作文は使える表現を増やしておけば大丈夫です。

お勧めの参考書は「竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本」です。

これに載っている表現と受験生がよく間違う表現を覚えてしまえば特に英作文で困ることはないと思います。

自由英作文がある人は「英作文ハイパートレーニング 自由英作文編」がおすすめです。

英作文は自分でやるには採点が少し難しいので学校の先生などに見てもらうようにしましょう。

まとめ

単語

  1. ターゲット1200
  2. ターゲット1900

文法

  1. 大岩のいちばんはじめの英文法
  2. Next Stage(Vintage, スクランブルなど)
  3. 英文法ファイナル問題集標準編

英文解釈

  1. 肘井学の読解のための英文法
  2. 入門英文解釈の技術70
  3. 基礎英文解釈の技術100(難関国公立や関関同立)
  4. ポレポレ(最難関国公立や早慶)

読解

  1. 英語長文ハイパートレーニングレベル1
  2. 英語長文ハイパートレーニングレベル2
  3. 関正生の英語長文ポラリス1
  4. 関正生の英語長文ポラリス2

もしくは

  • 英語長文レベル別問題集シリーズ

英作文

  • 竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本
  • 英作文ハイパートレーニング 自由英作文編

参考書はいい使い方とよくない使い方があるので適当にやるのではなくいいやり方で隅々まで完璧にやりこむようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました