お気軽にお問い合わせください

無料相談・入塾相談

集団指導と個別指導の違い

集団指導と個別指導の違い 

こんにちは岸田塾新長田教室の岸田です。

今日は集団指導と個別指導の違いをまとめてみました。

集団指導

集団指導の特徴

集団指導塾は学校のように集団の生徒に対して授業を行います。

大手の塾だとクラス分けが行われるのが一般的です。

個人塾では人数が多くないのでクラス分けがないことがあります。

集団指導のメリット

授業料が安い

集団塾の1番のメリットは授業料が安いことです。

一度に多くの生徒を指導するので一人当たりの授業料を抑えることができます。

同じ志望校の生徒が集まる

クラス分けがされている場合は同じ志望校の生徒が集まるのでモチベーションが高まります。

レベルの低い講師が少ない

これは個別指導のデメリットでも述べるのですが集団指導の場合学生バイトを使うのではなくプロの講師を使う場合が多いです。そのため著しくレベルの低い講師は個別指導に比べると少ないです。

集団指導のデメリット

本人の理解とは関係なく授業がすすむ

集団指導では一人ひとりが理解しているのかを確認することができないので内容を理解していなくでも授業が進んでしまいます。

また一人ひとりを見ることができなければちゃんと授業を聞いているのかを確認することができません。特に勉強が苦手な人は授業を聞かない傾向にあります。

個別指導

個別指導の特徴

個別指導は講師一人に対して少数の生徒を指導します。

カリキュラムが完全に決まっているのではなく生徒にあわせて臨機応変に変更することが多いです。

個別指導のメリット

一人ひとりに合わせて指導が可能

集団指導と違いその子が今一番必要としている内容を選んで指導をすることが可能です。

例えば高校生が中学の内容から復習をすることも可能です。

授業が勝手に進まない

個別指導では授業を聞いていないということはありませんし、欠席をしたから勝手に授業が進むということもありません。

自分のわからないところを質問できる

集団指導では授業と途中で自分のわからないところを質問することは基本的にできませんが個別指導ではわからないところを質問することがメインになってきます。

個別指導のデメリット

料金が高い

個別指導は集団指導に比べて料金が高いです。一般的に1.5倍くらいの料金になることが多いです。

学生バイトが多い

個別指導ではプロの講師ではなく学生バイトを使う場合が多いです。

学生バイトはプロの講師に比べて指導経験が乏しく、指導力が低い場合が多いです。

説明のときにはテストを行っている、研修を行っているといわれると思いますが、どんなテストか、どれくらい研修を行っているのかを説明しているところは少ないです。

料金が安い個別指導塾を選ぶときは注意をしましょう。

安いのには理由があるはずです。

生徒のペースに合わせてしまう

一見いいように思えますが、単純に本人のペースに合わせればよいというものでもありません。本人のペースを合わせた結果入試に間に合わないのでは意味がないので志望校から逆算してどのくらいのペースで進める必要があるのかを考えてくれる塾を選びましょう。

まとめ

集団指導のメリット

  • 授業料が安い
  • レベルの低い講師が少ない
  • 同じ志望校の生徒が集まる

集団指導のデメリット

  • 本人の理解とは関係なく授業がすすむ

個別指導のメリット

  • 一人ひとりに合わせて指導が可能
  • 授業が勝手に進まない
  • 自分のわからないところを質問できる

個別指導のデメリット

  • 料金が高い
  • 学生バイトが多い
  • 生徒のペースに合わせてしまうことがある

コメント

タイトルとURLをコピーしました