お気軽にお問い合わせください

無料相談・入塾相談

中学英語の勉強方法

勉強

中学英語の勉強方法

こんにちは岸田塾新長田教室の岸田です。

今日は中学生の英語の勉強の仕方をまとめていきます。

アルファベット

まずはアルファベットを覚えましょう。

1日で完璧にしてください。

ほぼほぼ全員出来ていますがたまにb,dが逆になってしまう人がいます。

笑い話だが笑えない…。

単語

英語は何といっても英単語です。

中学1年生で習う短い文章は単語さえわかってしまえばなんとなく意味がわかってしまうものがたくさんあります。それくらい単語は重要です。

逆に単語が全くできなければ手の打ちようがありません。

中学生が覚えるべき英単語は1200~1500語程度です。

学校の教科書に載っているものを覚えていけばいいのですが、まとめて載せているわけではなく覚えづらいので単語帳を買うことをお勧めします。

1000語以上の単語が掲載されているものなら内容に大きな差はないので自分の好みに合ったものを選んで買ってください。

私は見やすさと持ちやすさを一番重視しています。

単語を覚えるときの注意点

きちんとした発音で覚える

公立高校の試験ではリスニングテストがあります。

1番のリスニング対策は発音をしっかりすることです。

発音できない単語は聞き取ることができません

たまにローマ字読みをしたり、独自の覚え方をしたりする人がいますがやめましょう。

1単語に時間をかけすぎない

単語を覚えるコツとして1単語にかける時間は1秒にしましょう。

単語で重要なのは見た時間ではなく見た回数です。

同じ範囲を何周もするようにしましょう。

文法

英語は単語と同時に勉強し始めます。

最初は簡単な例文を覚えていくのがいいと思います。

ただそのときに丸暗記をするのではなく、なぜその日本語訳になるのかを説明できるくらい理解しておく必要があります。

これも学校の教科書をつかって勉強してもらってもいいのですができることなら文法のみを取り扱っているテキストを購入しましょう。

分厚いものを買う必要はないので薄い参考書を何周もしてすべての問題を解けるようにして置いてください。

長文

長文はできれば文法、単語が終わってから進めるほうがいいです。

ただし学校で読解問題がテストに出る可能性があるのでそのときは文法単語が終わっていなくても読解を進めたほうがいい場合があります。

読解で最初にやることは教科書の本文の和訳と音読です。

まずは今学校でやっている文章をすべて和訳できるようにしておきましょう。わからないところがあれば学校の先生が塾の講師に聞いてください。

それができたら次は音読の練習をします。

音読は軽視している人が多いですが、長文をスラスラ読めるようになるためには音読は必須です。

今はスマホを持っている人が多いので発音を簡単に調べられると思います。

家で何度も音読をして止まらずにスラスラ読めるようにしましょう。

このときにただ読むのではなく意味を考えながら音読してください。

難しいように思われますが先に和訳をしているので何度か練習すればできるようになります。

間違っても意味の分からない(和訳のできていない)文を音読しないようにしましょう。

教科書の問題だけでは少し物足りなくなってくると思うのでそのときは長文の参考書を購入しましょう。

このとき音声がついているものを購入してください

音声がなければ音読の練習の効率が落ちてしまいます。

まとめ

単語

  • 単語帳を買って早めにすべて覚えてしまう
  • 1単語1秒で何度も繰り返しみる

文法

  • 単語を覚えつつ同時にすすめる
  • テキストの問題はすべて解けるように繰り返し解く

長文

  • 単語・文法ができるようになったら進める
  • まずは和訳ができるようにしてそのあと音読の練習

兵庫県の公立入試の英語は簡単なため80点以上を取っている人が13%もいます。

しかし平均点は高くないです。これは50点を取っていない人も多いからです。

英語は苦手な子が多く、できるできないがはっきりしている科目ですができるようになってしまえば点数が取りやすくまた下がりにくい科目であるため早めに習得してしまいましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました